TOP  >  製品詳細情報  >  その他  >  デジタルサイネージ  >  デジタルサイネージ
ヘッダ画像

 

デジタルサイネージとは、液晶テレビやパソコンモニタを利用して、動きを伴った広告や案内を掲示できる
「電子ポスター」です。

 

GV-IP Decoder Box main ARTiGO A1150
GeoVision社 PN300 VIA社 ARTiGO

 

どなたでも簡単にサイネージを作成して始められる4ステップ

  1. サイネージ用モニタに表示したい画像や映像のファイルを用意して、サイネージデータ作成ソフトに入力する。
  2. 画面のどこに、どのような内容を表示するのか、レイアウト画面に範囲を指定する。
  3. 画像や映像が、どのタイミングで表示されたり切り替わるのかを設定する。演出効果も必要に応じて選択する。
  4. データを出力し、再生方法と時間を設定して再生し、サイネージを開始する。

 

作成操作画面例

(画像はVIA社のソフトウェアのものです)

 

デジタルサイネージ 1

画面のどこに、どのような内容を表示するのかを、囲いを作ってレイアウトします。

 

デジタルサイネージ 2

上のレイアウトに画像や文字、演出等を設定し、プレビュー画面で確認した場合の例です。

 

デジタルサイネージ 3

画面上に文字を表示する場合には、Messageの囲いを作り、文字を入れます。文字色や背景色の他に、動画のように動く演出を付ける事も出来ます。

 

デジタルサイネージ 4

実際に文字を表示した例です。電光掲示板のように、右から左へ文字が流れる表示などが行えます。

 

デジタルサイネージ 5

 動画にさらなる演出を加えることも出来ます。ここではトランジションという、画面の切り替え方法の設定で、5秒間掛けて左から映像をだんだん表示していく効果を使っています。

 

コンテンツ作成方法の動画解説

 

紙媒体の広告では想像もできなかったようなキャッチーでインパクトが大きく、広告効果が高いチラシ情報が、個人で簡単に作成して表示できます。
他にも、こだわり派の方に作りこんでいただけるよう、多くの演出効果も用意しています。

簡単に作れて、効果は無限大!

デジタルサイネージシステムについてご興味がありましたら、ぜひ弊社にお問い合わせ下さい。詳しくご案内させていただきます。

 

お問い合わせ
プリンタ用画面

取扱リスト