TOP  >  製品詳細情報  >  オーディオ機器  >  USB-DDC 「UC384 WX」

※本製品はWindows10以降、MacOSX 10.11(El Capitan)以降は非対応となりますのでご注意下さい。

 

関連ダウンロード ⁄⁄ 取扱説明書ドライバ


販売・取扱店はコチラです → オーディオ機器取扱店リスト

UC384画像

 

Hi-FiオーディオシステムやCDコンポ、またはホームシアターシステムなどのデジタル音声入力端子に接続するだけで、PCの音をデジタル高音質のまま入力し、ハイクオリティなハイレゾ域のPCオーディオをお楽しみ頂けるようになる、USB-DDC(デジタル−デジタルオーディオコンバータ)です。

こちらのDDCを導入すれば、ハイレゾ音源の配信が活況となってきたPCオーディオ用に、改めて専用のスピーカーなどを買い揃える必要はありません。現在利用されている自分好みの音を奏でるこだわりのオーディオ環境を、そのままお使い頂く形でPCから出力されたハイレゾサウンドをお楽しみ頂けるようになります。

PCとはUSBケーブルでつなぐだけ。あとはプレイヤーの出力を「UC384」にするだけで、ハイレゾ音源の中に含まれている豊かな音の情報をそのままデジタル音声形式(S/PDIF等)で出力し、オーディオシステムに伝送します。

ハイレゾ音源として最高クラスの192KHz/24bit出力に対応。
さらにI2S出力端子(RJ45コネクタ)も用意しており、I2S入力を持つDACへ最高384KHz/32bitの高解像度ハイレゾ音声データを伝送可能です。

PCオーディオの普及により利用しなくなった、けれども自分好みの音を奏でてくれていたオーディオシステムがありましたら、DDC「UC384」を使って自分だけの最高のPCオーディオ再生システムとして蘇らせましょう!

――音楽機器の再活用  音活-オンカツ-  しませんか?

 

洗練された回路設計が生み出す緻密なサウンドを奏でるHi-Fiオーディオコンポーネントを、全世界のピュアオーディオファンにお届けしている台湾・KingRex製品です。

 

 

特長

 

 

 

 

  • S/PDIF同軸デジタル端子に加え、高級機で使われるAES/EBU、I2S端子の出力に対応

    UC384端子
    普及帯から広く採用されているデジタル音声端子「S/PDIF」の同軸デジタル端子(RCA)はもちろん、高級機やプロフェッショナルグレードの機材に採用されているバランス接続端子XLRを利用するデジタル音声端子「AES/EBU」から、最高192kHz/24bitの出力に対応しています。
    加えて、IC間の転送用に使われている「I2S」信号をRJ45端子にて出力可能で、外部接続用の規格に盛り込まれたエラー訂正処理などが介在しない「純粋な音データ」を取り出せます。I2S端子からは最高384KHz/32bitの出力が可能ですので、I2S入力が行えるDACと組み合わせることで、最高レベルのハイレゾ音楽をお楽しみ頂けます。
    お持ちのミニコンポなどに用意されたデジタル音声入力端子に接続するだけで、既存のスピーカーやヘッドホンでPCオーディオをお楽しみ頂けるようになります。

    接続例接続例
  • 自社開発のデジタル音声信号変換専用の温度補償型水晶発振器(TCXO)を搭載
    TCXO KingRex社がオーディオ関連以外のOEM製造を含めて培った電子回路設計の技術を投入し、独自に開発したデジタルオーディオ専用の水晶発振器を搭載しています。12MHzのクロックを1ppmの精度で発生させ、変換の際にクロックのズレにより発生するジッターを最小限に抑え、本来の波形そのままの音声データを出力します。
    低ジッターのクロックにより発生した音は、リズムや音場を乱すことなく、録音環境の臨場感をそのまま再現する迫真のサウンドとなります。
    温度補償型の水晶発振器(TCXO)ですので、機器内部や外気温の変化に依らず、常に安定したクロックを刻み続けます。
  • 高音質出力に妥協しない回路とコンパクトサイズを両立

    デジタル変換に特化した機器である以上、高級コンポーネントとの組み合わせにて利用される最高水準の音質が求められています。
    1ppm精度のクロック動作の他にも、原音再現性を高めるべく徹底したチューニングを施したKingRex独自カスタムのUSB Audio Class2.0対応USBコントローラによりUSB側の動作クロックと非同期(アシンクロナス)の処理を行いジッターの発生を抑制しており、パルストランスによる端子間ノイズの混入防止、USBバスパワーを利用しない完全DC駆動などの高音質変換を実現するためのアプローチを徹底して盛り込んだ設計により、ノイズ及びジッターを極限まで低減し、混じりけなく純粋な、元のデータが持つ魅力をそのまま伝えるデジタル音声を出力します。
    そんな音質に妥協をしない設計でありながら、入力部と出力部を対称に配置する設計や、電子回路設計の世界的中心地である台湾の高い設計技術を投入し、どのような場所に設置しても邪魔にならないほどの、手のひらサイズに厚さ3センチを下回るサイズのコンパクトボディを実現しました。

    手のひらサイズ
  • 高級AV機器との組み合わせに高い親和性のあるヘアライン加工済アルミ製ボディ
    ファンレスでも安定動作する排熱効率が良いアルミ製のボディにヘアライン加工を施し、高級AV機器との組み合わせにも高い親和性があります。
  • ノイトリック製コネクタとカナレ電気製AES/EBU専用ケーブルを組み合わせたXLRケーブルを付属
    XLR変換ケーブル 「UC384」のAES/EBU端子は、本体サイズを小型にするため、通常よりも小さな「Tiny XLR」端子を採用しています。
    標準のXLR端子に比べ対応するケーブルの入手性が低いため、本製品の音質を損なわない品質のTiny XLR - 標準XLR変換ケーブル(2m)を標準で付属致しました。

     

    XLRプラグにはNEUTRIK(ノイトリック)製(Tiny XLR端子には同社REANブランド品)を、ケーブルにはCANARE(カナレ電気)製のAES/EBU専用ケーブルを組み合わせており、プロフェッショナルの現場で高い品質評価を受け支持されている両社の製品を採用しています。 (→参考リンク: トモカ電気様製品情報掲載ブランド

    別途XLRケーブルを買い揃える必要なしに、ご購入後すぐに最高グレードのAES/EBU接続がお楽しみ頂けます

 

出力される音の傾向(社内評)

  • 原音を忠実に再現する傾向で解像に優れる
  • 1つ1つの音の粒立ちが良く分離性が良い
  • 音場が忠実に再現され、ホール収録の音源では臨場感を強く感じる

ジッターの少なさにより実現される、音のキレや微細な表現が損なわれずに出力されている特徴が出ています。
この傾向はS/PDIFよりAES/EBU、そしてI2Sと、より上級の接続を行うことで更に向上します。
接続する機器によっては、傾向が顕著に表れない場合がありますのでご了承下さい。

 

製品写真

写真A 写真B 写真C 写真D

 

製品仕様

型番 UC384 WX  (XLRケーブル付属モデル)
出力 S/PDIF(RCA)
AES/EBU(TinyXLR)
44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz (16、24bit)
I2S(RJ45) 44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz 96 kHz、176.4 kHz、192 kHz、352.8 kHz、384 kHz (16、24、32 bit)
入力 USB2.0 (USB Audio Class V1.0/V2.0)  アシンクロナス(非同期)転送
電源 AC(コンセント接続) 付属ACアダプタ利用:100V  ※USBバスパワーは非対応です
DC(U POWER等) 7.5V / 200mA(最大)
寸法 87 mm(W)×108 mm(D)×25 mm(H)
重量 170g (本体のみ)
JANコード 4537459650075

 

接続PC要件

OS

Windows: XP / Vista / 7 / 8 / 8.1  (XPを除き32bit/64bit両対応) ※10以降は非対応となります
Mac: OSX 10.6 〜 10.10 ※10.11 El Capitan以降は非対応となります

CPU Intel Coreシリーズ以降
メインメモリ 2GB以上
HDD 1GB以上の空き容量(8GB以上を推奨)
接続インタフェース USB2.0

 

動作確認済プレーヤー

foobar2000 v.1.3.x

入力周波数が自動で選択されるプレーヤーの場合は384kHzとして認識され、S/PDIFまたはAES/EBUの出力周波数192KHzを超えるため音が出ない場合があります。その場合は設定を手動選択にして192kHz以下に変更して下さい。

 

端子配列(ピンアサイン)

IIS(I2S)
RJ45ジャック
IIS配列 AES/EBU(AES3)
Tiny XLRコネクタ
AES/EBU

 

取扱店

オーディオ機器取扱店リスト

プリンタ用画面

取扱リスト